VOICE
卒業生の声
社会福祉法人 日輪会 特別養護老人ホーム かたふち村 勤務

感謝の言葉がやりがいへと繋がっています!

三井 絵美さん
西彼杵高等学校出身
祖母のいる介護施設に行った時、介護職員の方が私の家族と信頼関係ができている様子を見て興味を持ちました。現場で働くようになり、利用者様への対応や小さなことにも気づくこと、行動することの大切さを感じています。また、利用者様に名前を覚えてもらい、「あなたに頼んでよかった」と声をかけていただくことがやりがいへと繋がっています。これからは今まで以上に効率的に考え、適切な判断ができ、行動できるように頑張っていきます。
社会福祉法人 見松会 短期入所生活介護しろみ 勤務

スキルアップを目指せる仕事です

松本 康希さん
長崎玉成高等学校出身
体の弱い祖母を支える母の姿を見て、私も人の役に立てる仕事をしたいと思うようになりました。職場の先輩方と比べ、経験の違いから時間がかかることもありますが、利用者様に「ありがとう」と言われた時は喜びを感じています。今はできる限り仕事に慣れるように努力し、5年後にはケアマネジャ-(介護支援専門員)の資格が取れるように少しずつスキルアップしていきます。そして、利用者様だけでなく、その家族の方にも信頼されるようになりたいです。
社会福祉法人 見松会 特別養護老人ホームしろみ 勤務

現場で役に立つことを学校で学べました

川下 光太郎さん
諫早農業高等学校出身
ショートステイの職場は色々な方と関わるため、各利用者様に応じた介護技術が大切になります。学校の授業はどれも現場の仕事に直接関わる内容で、特に校外学習は、自分が利用者様の立場を体験するため、普段気にしていなかったことにも気づくことができ、現場でもとても役に立っています。私は「安全・安楽」な介護を目指しているため、利用者様や周囲に目を配り、しっかりとした知識と技術を身に付けて信頼されるように日々努力していきます。